2005年10月27日

蝉しぐれ

こないだの日曜日に見てきました。
思ったより、面白かったです。
もっとだらだらした感じなのかなーって思ってたんですが、見ているうちに惹き込まれていきました。
不覚にも泣きかけましたし(笑)
「20年、人を想いつづけたことはありますか。」ってことで、二人は想いつづけながらも結局は結ばれない運命って話なんですけど。
私には無理ですねー(笑)

子役の文四郎さん、いい男です。大人役の市川染五郎よりも、断然よかったです(笑)
子役のふくは、がんばっていきまっしょいに出てた、一番ちっちゃい子ですね。「きゃっち、ろー」って言うてた子。この子もかわいいです。
ふくの大人役は木村佳乃なんですけど、この人って時代劇の方が似合うと思いません?
あとは、ふかわりょうとか今田耕司とかも出てますね。
文四郎さんのお父さん役は緒形拳なんですけど、やっぱ渋い!

ってことで、なんかよくわからん感想ですけど(笑)まぁ、見に行っても損はしない映画だと思います。
posted by かおり at 08:26| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画とかドラマとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TB返し、ありがとうございます。

>子役の文四郎さん、いい男です。大人役の市川染五郎よりも、断然よかったです

まったく同感です。
Posted by NAKA at 2005年10月31日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8644456

この記事へのトラックバック

#36:蝉しぐれ
Excerpt: KAZZのこの映画の評価   いいねっいやぁ??泣けました こういう映画で感動するようになったって、 やっぱり自分もおじさんなんだぁ??とちょっとショック 邦画は、やっぱり王道..
Weblog: *KAZZの呟き*
Tracked: 2005-10-27 09:41

映画つながりで「蝉しぐれ」
Excerpt: 好きだなあ、こういう時代劇。 静かで、美しくて、じんわりとこみ上げてくる感動・・...
Weblog: エリアブログ-港区-
Tracked: 2005-10-29 17:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。